山形県連合小学校長会

山形県連合小学校長会


 事務局

 山形市木の実町12−37
 大手門パルズ 4階

 TEL:023−634−8555
 FAX:023−632−5748
 Email:y-kren@atlas.plala.or.jp

 業 務 日:火・水・木・金曜日
 業務時間:10:00〜15:00


専 門 委 員 会
 
対策委員会

生徒指導委員会

研修委員会


   令和元年度 対策委員会活動について

1 活動方針

 県連小、県中の活動方針に基づき、全連小・全中、東北連小・東北中との連携を密にし、国の動向、新学習指導要領、第6次山形県教育振興計画の趣旨を踏まえ、教科指導や学級経営及び生徒指導並びに特別支援教育の充実やへき地・小規模校教育の充実を図るため、教育諸条件の整備推進に向けた対策活動を展開する。

 特に、国の教育改革の推移を見守り、本県としての課題を明確にし、「働き方改革」などを加味して、具体的な対策を立てて組織的・継続的な活動を推進する。

 さらには、安心・安全な施設・設備の一層の充実を図るための活動とともに、東日本大震災による避難児童生徒を受け入れる学校への継続的な支援を引き続き推進する。

◎ 令和元年度の対策活動重点事項(新)
(1)義務教育費国庫負担制度・人材確保法の堅持
(2)指導の充実を図るための教職員の配置
(3)教職員の養成、育成の充実
(4)教職員の処遇の改善
(5)教育効果を高める政策の改善・充実
(6)学校における「働き方改革」の推進
(7)避難児童生徒受け入れ学校の人的配置と災害に関する施設・設備の充実

2 主な対策活動

(1)人事対策の推進

   教職員定数改善計画の一層の推進を国・県に求めながら、本県の教育山形「さんさん」プランの成果と課題を検証するとともに、多様な教育的支援を要する子どもたち  に対応した教育の充実のため、人的措置を含めた環境整備が図られるように努める。

(2)行財政対策の推進

   義務教育費国庫負担制度の堅持を強く求めるとともに、組織をあげて教育諸条件の整備にかかわる調査研究に努め、施設・設備、教材等の整備充実、学校配当旅費の改  善、教職員の資質向上を図るための条件整備を目指す。

(3)給与対策の推進

   管理職の職責に見合った処遇改善とともに、すべての教職員が安心して教育に専念できるようにするための給与・諸手当をはじめ、退職時及び退職後の処遇、年金制度等  について研究を深め、その維持・改善が図られるように推進する。

3 活動計画

(1)各地区における成果と課題を明確に捉え、会員の総意として「お願い」(要望書)を作成する。また、特に喫緊となる課題については、県内小・中学校の実態をもとに、その在り方について具体的な提言ができるように努める。

(2)県教育委員会等との話し合いについては経営懇談会を開催して行う。話し合いの中で出されたことについての回答は、文書でいただき各地区に伝える。

(3)県連小・県中は、対策活動の充実を図るため、委員会や幹事会を小・中合同で開催する。対策活動における実務は小・中交替で担当し、平成31年度は県連小が中心となっ

て推進する。

(4)「お願い」等については全会員に文書で知らせる。また、各地区対策委員は、各地区校長会で、対策委員会議や経営学習会の内容を確実に報告する。



   令和元年度 生徒指導委員会活動について

1 活動方針

生徒指導委員会は、小学校教育の当面する生徒指導上の課題をとらえ、その解決に向けて関係機関や諸団体との情報交換を行うとともに、迅速な情報収集と情報発信を行っていく。

2 活動の重点

(1) 生徒指導上の諸問題に関する各地区の情報を収集・交換することを通して、実態把握に努める。

(2) 生徒指導に関する関係機関や諸団体との情報交換を通して、生徒指導上の課題の把握に努める

(3) 生徒指導に関して必要な調査を実施し、資料の提供や課題改善のための情報発信を行う。

(4) 山形県中学校長会生徒指導委員会等との情報交換を密にし、課題解決に関しての連携に努める。

 3 活動計画

(1) 生徒指導委員会は年4回とする。

(2) 生徒指導上の問題と対応についての調査を行い、課題改善のための情報発信を行う。

    
日   時 内        容
第1回
5月16日(木)
(大手門パルズ)
10:00〜13:00

@組織構成
A活動方針や重点、年間計画について検討
B各地区の生徒指導上の課題について情報交換
C生徒指導実態調査項目の検討
 → アンケート調査の実施
第2回
8月 6日(火)
(教育用品本社)
10:00〜13:00
13:00〜15:00
@生徒指導の関係機関や諸団体との情報交換
A生徒指導に関する調査結果の分析と考察 → 報告と情報発信
B各地区の生徒指導上の課題について情報交換
C小中学校合同生徒指導委員会の開催(午後)
第3回
10月 8日(火)
(大手門パルズ)
10:00〜13:00
@前回の情報発信・提言後の情報交換 
A生徒指導の関係機関や諸団体との情報交換
B各地区の生徒指導上の課題について情報交換

第4回
12月 5日(木)
(大手門パルズ)
10:00〜13:00
@前回の情報発信後の情報交換
A各地区の生徒指導上の課題について情報交換
B本年度の反省と次年度活動計画(案)
《※:携帯電話やインターネットなどの使用に関する提言》(平成27年度)

   令和元年度 研修委員会活動について

1 活 動 方 針 
(1)第6次山形県教育振興計画に基づく各地区の特色ある実践を集約・発刊し、その推進を図る。
(2)主題に沿った第73回山形県連合小学校長会研究協議会の開催に向けて連携を図りながら、円滑な
運営に努める。              
<研究主題>「新たな知を拓き 人間性豊かな社会を築く 日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
   <副主題> 「夢と希望をもち 共に未来を拓く いのち輝く子どもを育てる学校経営」
(3)学校経営に係る喫緊の課題を受けて調査し、県内小学校の現状や動向を探るとともに、課題への
対処方法を発信する。
2 活 動 の 重 点 
(1)「研究紀要 第63集」の発刊。  
(2)第73回山形県連合小学校長会研究協議会に向けた運営協力。        
(3)第74回山形県連合小学校長会研究協議会の担当地区(R2年度田川地区)との連携・調整。
(4)県連小活動方針を受けての調査研究活動。  
3 活 動 計 画 
(1)研修委員会は年4回とする。         
(2)6教振に基づくテーマ設定、原稿執筆を依頼し、「研究紀要 第63集」を編集・発刊する。
(3)第73回山形県連合小学校長会研究協議会の開催に向けて運営協力を進める。(新たな会場での開催)
(4)第74回山形県連合小学校長会研究協議会に向けて、田川地区との連携・調整を進める。
   (全連小は新テーマでの開催)
(5)学校経営に係る喫緊の課題を受けて調査研究・発信を行う。

日   時 内        容
第1回
5月14日(火)
(大手門パルズ)

 10:00〜13:00
@組織構成
A活動方針や重点、年間計画について
B第73回山形県連小研究協議会(東置賜地区担当)について
※(大会運営の最終確認と役割分担 5/15会場での事前打ち合わせ)
C第74回山形県連合小学校長会研究協議会(田川地区担当)について
D「研究紀要 第63集」の構成と発刊について
◇「特集」(テーマ)の確認
◇生徒指導委員会アンケート調査の結果報告  
◇執筆分担、執筆者の選定等の依頼  
E調査研究活動のテーマと進め方について       その他
第2回
7月26日(金)
(大手門パルズ)
 10:00〜13:00
@第73回県連小研究協議会(東置賜地区)の反省
A第74回県連小研究協議会(田川地区)に向けての運営協力ついて
B「研究紀要 第63集」の確認
◇執筆者の確認と進捗状況 ◇目次とページ数確認 等
C東北連小次期山形大会分科会について 
D調査研究活動の進め方について           その他
第3回
10月1日(火)
(大手門パルズ)
 10:00〜13:00
@「研究紀要 第63集」について
A第74回県連小研究協議会(田川地区)に向けての運営協力について
B東北連小次期山形大会分科会について 
C調査研究活動の集約について            その他
第4回
12月3日(火)
(大手門パルズ)
 10:00〜13:00
@「研究紀要 第63集」について(原稿読み合わせ)
A第74回県連小研究協議会(田川地区)に向けての運営協力ついて
B調査研究活動の集約と発信について
C本年度の反省と次年度活動計画案の検討
D東北連小次期山形大会分科会について        その他
Copyright(C)Yamagata Federation of Primary School Principals Association All Rights Reserved.